家康のプロレス人生

イエツァー基準で試合を★で評価するプロレスブログ!

大会総括

【棚橋弘至の“ここぞ”という瞬間に思わず鳥肌が立った〈7/20〉東京・後楽園ホール G1 CLIMAX 29 Aブロック 試合評価 | 新日本プロレス】

・・・わかんねぇ、攻略のしようがねぇよ・・・巨大モンスター、ランス・アーチャーとの前哨戦で、このように語った棚橋弘至。 もうすでに2敗を喫している新日本のエースは、ここで負けると日本武道館での決勝進出が非常に難しくなる大事な一戦で意地を見せ…

【内藤哲也のG1クライマックス これで5連勝!〈7/19〉東京・後楽園ホール G1 CLIMAX 29 Bブロック 試合評価 | 新日本プロレス】

5連勝? 何言ってるの? 初勝利でしょ? いやいや、まぎれもなく内藤哲也は5連勝なのです。 内藤哲也の連敗ストップを懸けた“聖地”後楽園ホールでの後藤洋央紀戦。 前の試合もあってか“やっと”まともなG1の始まりを感じさせた内藤哲也のスターダスト。 G…

【SANADA vs EVILが今後メインを飾るために必要なもの…〈7/18〉東京・後楽園ホール G1 CLIMAX 29 Aブロック 試合評価 | 新日本プロレス】

EVIL・・・またリング上で会おうぜ! 2017/7/20 昨日の試合と同じ場所となった東京・後楽園ホールで、相まみえたSANADAとEVILのG1クライマックス。 15分48秒ラウンディングボディプレスで勝利したSANADAの「粋」なコメントから2年。 華やかさ…

【内藤哲也の「油断」とタイチの「準備」〈7/15〉北海道・北海きたえーるG1 CLIMAX 29 試合評価(ダイジェスト版) | 新日本プロレス】

内藤哲也に「油断」はあったのだろうか? この日のメインイベント、タイチに敗れてしまった内藤哲也。入場時に警戒はしていたとはいえ、結果的に「あった」・・・と考えます。 2/21後楽園ホールで引退した飯塚高史の介入を匂わせていたタイチ。 www.tokyo-sp…

【KENTAを「迷子」扱いした棚橋弘至に喝!〈7/14〉大田区総合体育館 G1 CLIMAX 29 試合評価(ダイジェスト版) | 新日本プロレス】

期待を胸に渡ったアメリカで結果が出ず挫折したKENTA。そこで柴田勝頼に拾われるかたちで新日本プロレスに参戦するも、スタイルが合わないと非難され、一難去ってまた一難と・・・気の毒なKENTA。 そんなKENTAですが、昨日の試合後のマイクに魅了された方も…

【内藤哲也…大泥棒に「まさか」の勝ち点2を盗まれるという事態に・・・〈7/13〉東京・大田区総合体育館 G1 CLIMAX 29 Bブロック開幕戦 試合評価 | 新日本プロレス】

個人的に、この日のメインイベントとして楽しみにしていた「世界のカリスマ」vs「世界の大泥棒」の一戦。くせ者同士が創造する展開は、まさかまさかの大番狂わせな結果となりました・・・ ( 出典:新日本プロレス公式 ) 中々、コスチュームを脱がない内藤哲…

【“真夏の祭典”G1 CLIMAX 29 開幕戦〈7/7〉アメリカ・ダラス大会 全試合評価 | 新日本プロレス】

メイ社長のコラムを拝見致しました。 私は、今回のG1クライマックスの開幕戦を日本ではなくアメリカで行った事は誇らしく思います。 まだまだ、黒船がやってきた時代の尊皇攘夷派的な思想が残っているな・・・と感じました。

【前代未聞のブリティッシュヘビー級選手権&「G1クライマックス29」出場枠争奪戦〈6/25〉仙台サンプラザホール 全試合評価 | 新日本プロレス】

決まった事なんて、この世の中に何一つない! どうせ獲れない? 誰が言った? 誰が決めた? 決まった事なんて、この世の中に何一つない!

【天山広吉の復帰を誰よりも祝った内藤哲也〈6/17〉後楽園ホール 全試合評価 | 新日本プロレス】

飯塚高史引退試合の際に放ったムーンサルトプレスで膝を負傷してしまった天山広吉の復帰戦。 最も天山広吉の復帰を祝ったのは・・・

【鈴木みのる「G1落選」…不穏な空気漂う〈6/16〉東京・後楽園ホール 全試合評価 | 新日本プロレス】

最近、Twitterで弱気なつぶやきが目立っていた鈴木軍のBOSS鈴木みのる。 その時は、何を指しているのか分かりませんでしたが、もしかしたら〈G1〉落選の内容を事前に知らされていたのでしょうか?

【上半期の総決算〈6/9〉大阪・大阪城ホール 全試合評価 | 新日本プロレス】

その大いなる野望・・・諦めなければ叶うのか? 諦めなければ夢は叶うという言葉が嫌いだと話す内藤哲也。 諦めないだけで夢が叶うのならみんな苦労はしない。 これは鈴木みのる「ばり」に頭に突き刺さる言葉でございます。

【BEST OF THE SUPER Jr.史上最高峰の優勝決定戦〈6/5〉東京・両国国技館 全試合評価 | 新日本プロレス】

実況 寺川俊平さん 田畑祐一さん 吉野真治さん 解説 ミラノコレクションA.T.さん 元井美貴さん ゲスト 獣神サンダー・ライガー選手 観衆 7650人 第1試合 ドミニオンでUSヘビーのチャンピオンと闘う事になった海野翔太 第2試合 シリーズ中に勃発したロビー・…

【いまだに「ノーコメント」を貫き通す内藤哲也〈5/15〉青森・青森県武道館(弘前市)〈5/16〉青森産業会館(青森市)試合評価(ダイジェスト版) | 新日本プロレス】

シリーズが始まってからいまだ「ノーコメント」が続く内藤哲也。 残念な気持ちと同時に、嬉しい?楽しい?気持ちも何故かあります。

【仙台にイイ潮風吹かせた男優 田口隆介〈5/14〉宮城・仙台サンプラザホール試合評価 | 新日本プロレス】

フィニッシュ技である「どどん」をYOHに返され唖然とする男優。しかし、自身のウィキペディアを見ていて思い出したという「どどん・ジ・エンド」で勝利を飾った男優田口隆祐。

【石森太二と共に生まれ変わったジュニアの祭典開幕〈5/13〉宮城・仙台サンプラザホール試合評価 | 新日本プロレス】

昨日の記者会見で、ジュニアには絶対王者がいないので俺がなる。そして髙橋ヒロムの事ばかりを口にするドラゴン・リーと、ヘビー転向への踏み台と考えている鷹木信悟が気に入らないと噛みついた石森太二。

【後藤洋央紀の復活劇・・・熊本の地でいったん閉幕〈4/29〉熊本・グランメッセ熊本 全試合評価まとめ | 新日本プロレス】

こやつのせいなのか? こやつの邪魔があったから後藤洋央紀は負けたのか? いや・・・たとえ外道の介入がなくても殿が勝つのは難しかったであろう。 「お前のキャリアの中でなかったほどの最高の恥をかかせてやる。そして失望を与えてやる。」とジェイ・ホワ…

【IWGPジュニアタッグ選手権 2兎追う者1兎も得ずではなく3兎追う者1兎得る 〈4/26〉広島グリーンアリーナ・小アリーナ全試合評価まとめ | 新日本プロレス】

この日、ロッポンギ3KのSHOには2つの目標がありました。 一つ目は、新日マットに参戦してから一切の負けがない鷹木信悟に土をつける事、そしてもう一つは今まで出来なかったジュニアタッグの初防衛を成功させるという事。

【獣神サンダー・ライガーデビュー30周年記念試合 〈4/24〉東京・後楽園ホール全試合評価まとめ | 新日本プロレス】

この日は、獣神サンダー・ライガーのデビュー30周年記念日だというのに、試合開始前から不穏な空気が流れる後楽園ホール・・・ ライガー選手!おめでとうございます!おめでとうございます!なんて空気は一切ない

【YOHにイイ風を吹かせたオカダ・カズチカのマネージメント力 〈4/23〉東京・後楽園ホール | 新日本プロレス】

この日、コブラホールドからのレインメーカーでBUSHIを沈めたオカダ・カズチカ。軸となる技は変えず、常に多彩なバリエーションで相手を翻弄させるところはさすがである。

【後藤洋央紀の波を切り裂くジェイ・ホワイトの刃 〈4/22〉東京・後楽園ホール | 新日本プロレス】

この目!! 殿など、とっくの昔に眼中にはないとでも言わんばかりの鋭い眼光。もうすでに新日本の至宝に標準を定めている目でございます。

【飯伏幸太のIC初防衛戦と内藤哲也の挑戦表明〈4/20〉愛知・愛知県体育館 | 新日本プロレス】

飯伏「僕の最終目標は、このベルトをみんなが思っている一番のベルトIWGPと並ぶ、もしくは超える位置にもっていきたいと思います」 と豪語する飯伏幸太と『ICとIWGPを同時に保持する』という野望を静かにそして虎視眈々(こしたんたん)と狙っている内藤哲也。…

【「テーマ」のない内藤哲也が最後「デ!ハ!ポン!」〈4/13〉茨城・つくばカピオアリーナ | 新日本プロレス】

最後に・・・ 大会を内藤哲也が「デハポン!」で締め終わったあと、定かではありませんがSANADAに2回ほど声をかけているように見えました。 新日本の至宝の次なる挑戦者であるSANADAを差し置いて

【マディソン・スクウェア・ガーデン 全試合評価まとめ | 新日本プロレス】

グレート・ムタ見参!!! 若干、スピードは衰えていたグレート・ムタでしたが、ひとつひとつの技の華麗さはやはり超一流。 とりあえず「毒霧」は見れたけど、「シャイニング・ウィザード」も見たかった。 もし邪魔者がいなければ、鬼神ライガーvs悪の化身グ…

【ニュージャパンカップ決勝戦まとめ〈3/24〉新潟・アオーレ長岡 | 新日本プロレス】

もしかしたらSANADAが、あのオカダ・カズチカに勝ってしまうのでは?と思った瞬間でしたね。入場時や試合後の演出ではよくありますが、初めてかなぁ試合中に鳥肌が立つの・・・

【SANADAの粋なエンディングにより鳥肌が立った〈3/23〉新潟・アオーレ長岡 | 新日本プロレス】

かつて武藤敬司の付き人を務めていたSANADAと棚橋弘至。そんな両者なだけあって膝をめぐる闘いとなりましたが、最後は地元新潟の圧倒的「大SANADAコール」を味方にしたSANADAが棚橋弘至を撃破。そして試合後は、SANADAによる粋なエンディングを迎え決勝の舞…

【NJC準々決勝〈3/21〉静岡・アクトシティ浜松まとめ | 新日本プロレス】

なんかCHAOSの試合面白かったです。その一番の要因となっているのが石井智宏でしょう。プロレスに取り組む精神年齢は実際の年齢より15歳くらい上ではないでしょうか。

【物事を変えるんだ!YOSHI-HASHI!〈3/20〉静岡・ツインメッセ静岡 | 新日本プロレス】

その矢野通が試合後、YOSHI-HASHIに拍手を送っている姿が、この試合の激しさを素晴らしさを物語っていたのではないでしょうか。 とりあえずYOSHI-HASHI選手・・・

【ニュージャパンカップ〈3/17〉東京・後楽園ホールまとめ | 新日本プロレス】

プライド高きプロレスの王、鈴木みのるが最後、仕掛けに時間が掛かるSANADAのラウンディングボディプレスをかわす事が出来なかった。それだけSANADAの「スカルエンド」は脅威という事でしょう。

【飯伏幸太は内藤哲也に勝利した時点でお役御免だったのか?〈3/16〉東京・後楽園ホール | 新日本プロレス】

復帰明けとは思えないほどの肉体美。飯伏幸太がTシャツを脱いだだけで歓声が上がる後楽園ホール。この時点で、飯伏幸太の勝ちという文章を考えていた家康はまだまだであった・・・ 去年のNJCと同じ相手、ザックセイバーJr.に無念のギブアップ負けを喫した飯…

【SANADAの優勝が見えてきたNJC。そして飯伏幸太が内藤哲也と1回戦で組まれた理由はこれか!〈3/11〉香川・高松市総合体育館 | 新日本プロレス】

過去NJC3度の優勝を誇る後藤洋央紀を得意のラウンディングボディプレスで撃破したSANADA。 (出典:新日本プロレス公式) 試合後のマイクパフォーマンスも手慣れたもので、 「今から大事なことを言います。日本で一番ここ高松が好きです。お~い、高松!See you…