家康のプロレス人生記

プロレスと戦国時代ファンが最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやく人生記!

【“真夏の祭典”G1 CLIMAX 29 開幕戦〈7/7〉アメリカ・ダラス大会 全試合評価 | 新日本プロレス】


f:id:Ieyasu:20190703234609j:image

 

実況  山崎弘喜さん

    田畑祐一さん

    大西洋平さん

    吉野真治さん

解説  ミラノコレクションA.T.さん

    元井美貴さん

ゲスト 真壁刀義 選手

観衆  4846人

 

 

 

 

 

 

第1試合

 

SHO      タンガ・ロア

YOH✖  〇タマ・トンガ

 

【6分42秒 スーパーパワーボム】


f:id:Ieyasu:20190709012720j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

G.o.Dの強さ、まざまざと・・・

   

前IWGPジュニアタッグ王者と、現IWGPタッグ王者による異色のカードとなったオープニングマッチ。

 

これにより、何か新しいストーリーでも生まれるのかな?と思いきや・・・

 

心配になるくらい「差」がついた試合展開に・・・

 

普段は、ヘビー級同士だから気づきにくいのか、改めてG.o.Dを見て…強いね…

 

爪痕を残せなかったロッポンギ3Kでしたが、試合後のコメントでは、新たな目標を掲げたSHO。

 

なるほど!そういう事ね!

 

 

SHO    タンガ・ロア

      ★

YOH✖  〇タマ・トンガ

      ★

 

【総評★★☆(2.3)】

 

 

第2試合

 

海野翔太✖     成田連

石井智宏    ジェフ・コブ

 

【7分18秒 ツアー・オブ・ジ・アイランド】

 
f:id:Ieyasu:20190708183336j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

G1を諦めていない海野将太

 

デビュー11年目を迎えたジェフ・コブ。大阪城ホールで5度目の戴冠を果たした石井智宏。

 

7月13日の初戦で当たるこの両者は…より、気になった海野翔太の体。

 

驚くほど大きくなっており、同期の成田連と比べると体格差は歴然。

 

どこまで大きくするつもりなのでしょう?

 

G1クライマックスの出場は叶いませんでしたが、Twitterを覗いてみると、

 

 

約、1か月前のツイートですが、何やら面白いことになりそうな感じですよね?

 

ジョン・モクスリーとの関係性は?いったいどうなっているのか?7月13日が気になるところです。

 

 

海野翔太✖     成田連

 

石井智宏    ジェフ・コブ

★        ★★★

  

【総評★★☆(2.2)】

 

 

 

 

 

第3試合

 

YOSHI-HASHI   オーエンズ

後藤洋央紀     ジェイ・ホワイト

 

【8分38秒 GTR】


f:id:Ieyasu:20190708183411j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

「覇気」で悪を圧倒した荒武者

  

4/29熊本でジェイ・ホワイトに敗れてから、自分を見つめ直し、柴田勝頼のもとで修行に励んでいた後藤洋央紀。

 

 

後藤!お前いったい何が変わったんだよ!

 

 

と、2016年ニュージャパンカップ決勝の後、内藤哲也に一喝された後藤洋央紀。

 

 

コスチューム?

 

 

入場曲?

 

 

ユニット?

 

 

肉体?

 

 

いやいや、3年の時を経て、この日、一番変わって見せたのは「自信」でした。

 

次は勝つんじゃない?

 

 

YOSHI-HASHI   オーエンズ

           ★

後藤洋央紀     ジェイ・ホワイト

 

【総評★★☆(2.4)】

 

 

第4試合

 

ライガー   BUSHI

ジュース   鷹木信悟

矢野通〇   内藤哲也

 

【8分18秒 横入り式エビ固め】

 
f:id:Ieyasu:20190708183457j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

何故、内藤哲也は開幕戦に選ばれなかったのか?

 

新日本プロレスが自信を持って発表したオカダ・カズチカと棚橋弘至の看板カード。

 

そこに割って入れなかった内藤哲也。

 

非常に悔しかったですね。

 

尚且つ、Bブロックでの開幕戦ですらメインではない…

 

 

とうとう、お役御免?

 

 

いや、逆に考えれば、メインではなくても盛り上がる内藤哲也を、「あえて」しなかった…とも考えられます。

 

それに、私が出した平均試合順は全選手の中でオカダ・カズチカに次ぐ2番目なので、「きっと」そういう事でしょう…

 

 

www.xn--n8ji5cue2e.com

 

 

何か嫌な事があった時等は、無理やりそうでもして考えないとやってられません…

 

とりあえず、この日は、とても「唾」が発射された試合でございました。

 

ちょっとだけ・・・

 

ジュース・ロビンソンの反則パンチに対して、ナックルで応えた鷹木信悟に拍手喝采。

 

 

ライガー   BUSHI

 

ジュース   鷹木信悟

       拍手×1回

矢野通   内藤哲也

 

ナイト~コール

鳥肌×1回

 

【総評★★☆(2.5)】

 

 

 

 

 

第5試合 G1CLIMAX29 Aブロック公式戦

 

オスプレイ✖  〇アーチャー

 

【18分16秒 EBDクロー】

 
f:id:Ieyasu:20190708183549j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

実は…優勝予想はオスプレイだった・・・

 

史上初の「スーパージュニア」と「G1」を制覇。

 

それをやってのけてしまうのではないかと思ってしまうほど、今もっとも乗りに乗っているウィル・オスプレイ。

 

なんか外国人で初めてG1を制覇したケニー・オメガの年に似ているな…と思った訳ですよ…

 

しっかし、今年のニュージャパンカップでオスプレイに敗れてから変わったいうランス・アーチャーの強さ…

 

ヤバいね…

 

普通に考えたら誰も勝てないハズなんだけどね。

 

そんなアメリカン・サイコの自宅もヤバい・・・

 

いつか、こんな豪邸住んでみたいね。

 

 

 

 

オスプレイ✖  〇アーチャー

★×7        ★×7 

 

【総評★★★☆(3.8)】

 

 

第6試合 G1CLIMAX29 Aブロック公式戦

 

EVIL✖    〇バッドラック・ファレ

 

【11分33秒 バッドラックホール】

 
f:id:Ieyasu:20190708183617j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

逆に「闇」に葬られたEVIL

 

去年はタマ・トンガの介入により反則勝ちしているEVILですが、コーナーに投げる事すら難しい怪物ファレ(体重156キロ)相手に真っ向勝負はキツかった…

 

必殺の「EVIL」を返された時点で負けたかな…と思いましたけど、本当に負けてしまいましたね。

 

あれだけ啖呵切ったのに、相手がファレとはいえ初戦敗退してしまい、ただでさえ落ち込みが激しいEVIL…

 

このまま、自身が作った「闇」に呑み込まれてしまうのか?それとも、「闇」に呑まれてからがEVILなのか?

 

さあ、どちらでしょう。

 

 

EVIL✖    〇バッドラック・ファレ 

★       ★★★★

  

【総評★★★☆(3.3)】

 

 

 

 

 

第7試合 G1CLIMAX29 Aブロック公式戦

 

SANADA〇  ✖ザック・セイバーJr. 

 

【21分12秒 オコーナーブリッジ】

 
f:id:Ieyasu:20190708183648j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

SANADAの“熱い”夏が始まった

 

www.xn--n8ji5cue2e.com

  

 

SANADA〇  ✖ザック・セイバーJr. 

★×5 ★★   ★×4

鳥肌×1回

  

【総評★★★★(4.0)】

 

 

第8試合 G1CLIMAX29 Aブロック公式戦

 

飯伏幸太✖  〇KENTA

 

【20分51秒 go 2 sleep】

 
f:id:Ieyasu:20190708183757j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

これがKENTAのプロレス

 

WWEでは肩の怪我と結果に苦しみ、もう後がないところを柴田勝頼に拾われ「覚悟」と「決意」を持って挑んだKENTA。

 

  

派手さは無いが、エグい攻撃が多い!

 

 

あのカリスマが手こずった飯伏幸太を1発で仕留めてしまうと・・・

 

何か困るな~

 

KENTAには「ブサイクへの膝蹴り」という技があるようなのですが、それを飯伏幸太に食らわすシーンで、ゲスト解説の真壁刀義がすかさず、

 

「飯伏には効かないだろ!」

 

と、発言してしまい?一瞬「時間」が止まった瞬間が最高視聴率でした。

 

ちなみに、それに反応したのは元井美貴さんの

 

「あっ!」

 

だけでした・・・(クックックッ

 

 

 飯伏幸太✖  〇KENTA

          ★★★★★★

 

【総評★★★☆(3.4)】

 

 

 

 

 

 

第9試合 G1CLIMAX29 Aブロック公式戦

 

オカダ・カズチカ〇  ✖棚橋弘至

 

【22分04秒 レインメーカー】

 

f:id:Ieyasu:20190709012743j:image

( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

G1 クライマックスを「骨の髄」まで知り尽くした棚橋弘至

  

www.xn--n8ji5cue2e.com

 


f:id:Ieyasu:20190709012806j:image

 ( 出典:新日本プロレス公式 ) 

 

オカダ・カズチカ〇  ✖棚橋弘至 

★×7           ★★★

 

【総評★★★☆(3.7)】

 

 

最後に・・・ 

 

www.njpw.co.jp

 

メイ社長のコラムを拝見致しました。

 

私は、今回のG1クライマックスの開幕戦を日本ではなくアメリカで行った事は誇らしく思いますけどね…

 

まだまだ日本には、黒船がやってきた時代に生まれた尊皇攘夷派的な思想が根強く残っているのかな・・・と感じました。