家康のプロレス人生記

プロレスと戦国時代ファンが最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやく人生記!

【経験者視点から見た不登校YouTuber「ゆたぼん」への意見】


f:id:Ieyasu:20190518213427j:image

 

10歳の不登校YouTuber「ゆたぼん」

 

 

別に興味は無かったのですが、よくニュースで取り上げられるので思わず見てしまいました。

 

内容はというと・・・

 

・宿題をやりたくなかった。

・周りの生徒がロボットに見えた。

・学校に行くことが全てじゃない。

 

 

だから

 

 

学校に行くのを辞めてYouTuberになった。

 

 

完全に行く事を辞めた訳ではないみたいですが、これに対し世間の声は・・・

 

 

・甘えだ!

・理由が身勝手だ!

・親に言わされている。

・親のダシに使われている。

・元暴走族の親が悪い。

 

 

と、お怒りの大半は「不登校になった理由」と「親」に向けられているようです。

 

それに加えて、その理由から不幸に追い込まれる子供達にメッセージを送っている事にが通らないからとも。

 

確かにメディアやネットの情報だけでは、そう思ってしまうのも仕方がないと思います。

 

報道されている内容が真実であるならば私も理解できます。

 

 

しかし…

 

 

本当にそうでしょうか?

 

 

本当にそれが理由で不登校になり、夢はありますがリスクも伴うYouTuberになったのでしょうか?

 

 

恐らくこれは「建前」・・・

 

 

 「本音」は別のところにある・・・

 

 

 

 

ここからは、実際に1ヶ月不登校になった私の経験と憶測になります・・・

 

 

あなたは会社を辞める時、本当の事を言って辞めますか?

 

 

違いますよね。

 

 

8割りの方は、

 

・家庭の事情で・・・

・引っ越しする事になったので・・・

・授業が忙しくなってきたので・・・

 

 

と「建前」を理由に辞めます。

 

 それと一緒で「ゆたぼん」の不登校という事は事実でしょう。

 

 

しかし、その不登校になった理由は事実ではない。

  

 

そんな風に私は感じます。 

 

・クラスで人気者。

・部活のキャプテンやレギュラーだ。

・仲の良い友達がいるから。

・大好きな子がいるから。

 

 

等々、学校へ行く理由があれば不登校にはならない。

 

それが、出来なかった、もう限界だったから学校へ行くのを辞めた。

  

 

どうでしょう?

 

 

あなたは会社を辞める時、仕事内容や待遇が理由で辞めますか?(一部あるとおもいますが…)

 

 

違いますよね。

 

 

ほとんどの方が人間関係が理由で辞めますよね?

 

 

 ・周りに溶け込む事が難しかった。

・それをサポート(理解)してくれる人がいなかった。

・とても息苦しい環境だった。

 

 

だから、学校に行くか?行かないか?を決めなければ行けない状況になってしまった。

 

 

 そんな時YouTuberという選択肢があった。

 

 

こんな風に考えられませんか?

 

 

 

 

 

決して不登校を進めている訳ではありません。

 

 

もちろん義務教育中は学校に通うのが当たり前だし、学校でしか得られないものもあります。

 

最低限の知識と教養、集団生活をするということ。学校でしか学べないこと、学ばなければいけないこと。確かにあります。

 

 

だから・・・

 

 

甘えてないで学校に行けよ!

 

 

という意見もありますが、今回のようにそんな単純な理由でYouTuberにはならないと考えます。

 

親の影響もあるでしょう。経歴を見ると疑いたくもなり、もしかしたら本当に親が悪いのかもしれません。

 

 

ただ私はそう思わない。

 

 

 

 もし仮に、あなたがいじめを受けていたとしたら両親にその内容を言えますか?

 

 もし仮に、あなたがブラック企業での仕事を辞めたいと思っている時、パワハラを受けている時、常識を押し付ける家族や周りの意見を尊重して続けられますか?

 

もし仮に、これが自分の子供だったら・・・

 

もし仮に「ゆたぼん」がYouTuberではなく不幸の道を選択していたら・・・

 

 

最後に・・・

 

 

「ゆたぼん」が今後、成功しようが失敗しようが家康には関係のない事。 

 

 ですが、もう大々的に世に出てしまい小さい子供が覚悟を決めてやっているのです。

 

 動画を拝見すると決してお世辞にも面白い内容ではないですが・・・

 

 

何故、もっとみんな応援してやらないのだ?

 

 

そんな視点を持ちながら「ゆたぼん」も「プロレス」も見てはどうでしょうか?