家康のプロレス人生

プロレスブログではないけど・・・

内藤哲也とKENTAの「舌戦」。『世界を経験した男』問題は噛み合っているのか?

ってコメントが一つの売りじゃん!

 

この言葉は、2月2日(日)雪の札幌2連戦の最終戦でKENTAが内藤哲也に言い放った痛烈な言葉だ。


f:id:Ieyasu:20200203210237j:image

 

ここまでのコメントで防戦一方だった内藤哲也に対してKENTAが放ったこの言葉は、私の中に深く突き刺さった。

 

ことの発端は内藤哲也がWWEで結果を残せなかったKENTAに対して『世界を経験した男』と、しつこくイジったことから始まる。

 

そのイジりは世界を経験した人以外はするな。世界相手に何も残せなかった俺をバカに出来るのは世界で結果を残した人だけにしてくれ。行った事もないやつは黙ってろ。

 

と反論するKENTAに対して内藤哲也は、

 

『世界を経験した男』ていうフレーズ、別にオレは彼のことをバカにしてこの言葉を言ってるつもりはないんだけどさ、もし彼がそう感じてしまったんならね、非常に申し訳ないことしたかな。(省略)確かにオレは彼の言う“世界”で挑戦したことはないよ。メキシコでは結果を残し、しっかり名前を残したけど、メキシコは彼の言う“世界”には入っていないんでしょ?冷たいなあ・・・そんなこと言うなよ。

 

と反論。並みの選手であればここで終わるだろうが、普段からアンチ相手に訓練されたKENTAのカウンターは内藤哲也の急所を突いた。 

 

『世界で経験した男』っていうのは別にバカにして言ってるわけじゃないって言ってたよ。100%バカにしてる。完全にイジってる。バカにしかしてない、あの言い方。わかる。さすがにそれぐらいはオレでも。イジってる。完全にイジり倒してるよ。

え、それで“世界”っていうのはWWEのことだけすか?みたいなこと言ってたけど、ちょっと待て。オレ、一言も自分で言ってないから。『世界でやってきた』なんて、一言も言っていない。お前が言い出したんだよ。わかる?それで、“メキシコだって世界を経験したことになるんですけど・・・”いやいや、だから、お前が自分で言い出したことで、メキシコだって世界だと思うよ。ヨーロッパだって世界だと思うよ。

なのに、お前が勝手に『世界を経験した男』ってイジり出したから、おかしくなってんだ。なに、自分で言って、自分で変な感じにして・・・

 オレが、『オレは世界を経験した男だよ。お前は黙ってろ』って言ったんならわかるよ。『いやいや、俺だってメキシコでやってきたよ』って言うんだったら話が合うけど、オレ、一言も自分で『世界を経験した男』なんて言ってないもん。自分が話しゴチャゴチャにして、よくわかんないよ。しっかりしてくれよ、もっと。だって、コメントが一つの売りじゃん。どうしたん?全然じゃん。全然面白くもないし、なんか弱い。

 

という流れだ。

 

正直、最初この二人の舌戦は噛み合ってはいないのではないか?と感じていたのだったが、知れば知るほど実は高度な舌戦を繰り広げており噛み合っているのではないか?とも思ってしまった。

 

久々に長時間考えさせられる内容だった。

 

最終的に手数の多いKENTAのほうが正論を武器に優勢と感じ取れてしまうが、内藤哲也も内藤哲也で別に間違ったことを言っている訳でもない。

 

KENTAの言い分は分かりそうで分かりにくい部分もあるが、でも、やっぱりKENTAが優勢に感じてしまうのは、内藤哲也が自分の言った発言に対して謝ってしまったことが原因ではないだろうか? 

 

その隙を見逃さず突いてきたKENTAのカウンターはお見事である。

 

これ以上は子供の口喧嘩になりそうなので、もういいかな・・・とも思ったが、裏を返せばこれだけ喰って掛かって来ているのだから、内藤哲也の攻めもあながち間違ってはいなかったことになる。

 

なので、ここまで来たら内藤哲也には最後まで『世界を経験した男』で貫き通すことが一番の武器なのかもしれない。

 

 

 

それとは別にもう一つ、2月1日のKENTAのコメントも気になった。

 

俺なんか、結果も残してないオレなんかいくらでも、攻め込む方法はいくらでもあるよ。もっと頭を使って。オレなんかすぐ黙らせる方法なんかいくらでもあんだから。頭使って。一歩踏み出して頑張れよ。

 

私だったら、いったいどんなワードで今のKENTAを黙らせることができるか?

 

このコメントにも長時間考えさせられた。

 

考えた末、1つのワードが浮かんだが、今この男には何を言っても黙らせることは不可能ではないのか・・・と考えるのを諦めてしまうほど、今のKENTAは無双状態ではないだろうか・・・

 

恐らくこの舌戦はKENTA優勢のまま進むであろうが、ほんの僅かな内藤哲也の巻き返しに期待したい。

 

追記

・・・と、書いてみたものの文字だけで見た印象と、実際の映像を見た印象とでは全然違いましたね。調印式が楽しみです。

 

   

  

www.xn--n8ji5cue2e.com