家康のプロレス人生

イエツァー基準で試合を★で評価するプロレスブログ!

後藤洋央紀が殿から将軍へとなる姿を見届けようと決意した家康

後藤洋央紀という三重の荒武者
f:id:Ieyasu:20190123001642j:image

三重県桑名市出身

182㎝103㎏

1979/6/25 39歳

ニックネーム 混沌の荒武者

入場テーマ曲「覇道」

 

タイトル

IWGPジュニアタッグ 1回

IWGPインターコンチ 2回

NEVER無差別級 4回

IWGPタッグ 1回

G1クライマックス2008年 優勝

NEW JAPAN CAP 2009 2010 2012 優勝

WORLD TAG LEAGUE 2012 2014 優勝

 

フィニッシュ・ホールド

 

GTR 

技の名前は荒武者のイメージから脱する為、和名、漢字を用いる技名ではなく、横文字を用いた。後藤いわく、特に意味はないらしい。

 

牛殺し

元々古くからメキシコに存在していた技で、TNAやWWEで活躍するAJスタイルズも得意技にしていたが、決まった名称のない技であった。後藤が凱旋帰国から使用し、この技で天山を欠場に追いやった事から、天山のニックネームの牛が付いた。

引用 ウィキペディア 後藤洋央紀 - Wikipedia

 

蟹座のO型

コーラよりペプシ派 

うどんより蕎麦派

目玉焼きにはソースでもなく、醤油でもなく塩派

引用 Twitter

 

いまだ新日本の至宝を巻いた事はないが、これまで輝かしい成績を収めてきた後藤洋央紀。

 

2018年は、NEVER無差別級のベルトと共に活躍。

 

そして、11/18東京・後楽園ホールでの飯伏幸太との恋愛のやり取りは世の男の手本となった。 

 

www.xn--n8ji5cue2e.com  

しかし、実は今まであまり興味のない選手だった後藤洋央紀。

 

が、ここ最近この三重の荒武者が気に入ってしまった家康。

 

 

 

事の発端は1/5後楽園ホールでタイチが内藤哲也に対する暴挙から始まる。

f:id:Ieyasu:20190122220953j:image

出典 新日本プロレス公式

試合開始直後、パイプ椅子で奇襲を仕掛け、圧倒的優位に試合を進めベルト挑戦へのアピールをした聖帝。

 

しかし、この行為に対しロスインゴファンから続々とコメントが寄せられる。

 

そのコメントに対し聖帝は、

 

と反論するが、 これに反応したのはカリスマではなく何故か三重の荒武者が反応。

 

 

この事から、1/15に新日本プロレススマホサイト“洋央紀(ひろおにっき)~武士の一文~”イデオロギーというタイトルで、  

自分の弱さを棚にあげて対戦相手のファンをけなすとんでもない男だ!これには黙ってはいられないのが俺という男である。俺のファンを見下す奴は許さんぞ!

引用 新日本プロレススマホサイト 

 

プロレスファンは、批評される立場ではない。例え、けなされようが、バカにされようが、俺の事を話題にしている人は全員俺のファンだ。お前のファンもハポンファンも俺のファン。俺のファンも俺のファン。そういうことだ。

引用 新日本プロレススマホサイト 

 

これに対し聖帝は次のようにコメント。

 

  

この一連の流れを普通に考えたらタイチのコメントが正論なのだが、家康的に後藤洋央紀の方が一歩先を行っている感じを受けました。 

 

まさしくイデオロギー対決という事で絶対に交わらない両者なのですが、発信力のあるタイチ相手に、同等(恐らく)に渡り合う後藤洋央紀に惚れた家康。

 

 

 

俺の事を良くも悪くも話題にする奴は俺のファン。

 

という事は家康も後藤洋央紀のファンという事に相成りました。

 

そして、去年の11/18後楽園ホールで飯伏幸太とのやり取りからジワジワ来てましたが、家康の決定打となったのがこのつぶやき。

 

今年に入ってから、プロレス界だけではなく色んなアスリートが引退などを発表している中、同じ三重県出身の有名人も引退や活動休止という事で、

 

 

俺は悲しい

 

 

という事でしょう。

 

ごちゃごちゃ言わぬ。この一言で十分!という、 なんとも殿様らしいつぶやきではないですか!(一人で笑ってた)

 

ちなみに、ファンの間では『殿』と呼ばれているみたいです。

 

荒武者というキャラ設定が家康好みの為、是非とも近々にでも殿から将軍へと(悲願のIWGP戴冠)のし上がる姿を見たいと思った家康。

 

さあ、ファンタスティカ・マニアも終わり、殿の出陣はいつぞや?とスケジュールを確認してみると・・・

 

 

 

・・・全く名前がないやん!

 

 

 

調べると去年の12/15から今まで、1/4、1/5と2大会しか出陣しておりません。 (少なっ)

 

復帰組がいるとはいえ、殿の力は必要ないという判断なのだろうか?(厳しいなぁ)

 

どうやら新日本プロレスという幕府から蟄居(ちっきょ)の命令が出ているようです・・・