家康之人生記

最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやく人生記!

【棚橋弘至の歴史は繰り返されるのだろうか? | 新日本プロレス】

歴史は繰り返されるのか?

 

冬の札幌での大事件が冷めやらぬまま、今度は新日本の至宝をめぐる争いが待っている。

 

2月の大阪府立体育会館といえば、前人未到のV11を達成し、当時絶対王者として君臨していた棚橋弘至を、凱旋して間もないオカダ・カズチカがその首を獲ってしまったレインメーカー“ショック”が起きた地。

 

天下統一を目指した織田信長の首を明智光秀が獲ってしまった『本能寺の変』と同等レベルの『大阪府立体育会館の変』。

f:id:Ieyasu:20190207183614j:image
(出典:新日本プロレス公式)

 

2019/2/11〈大阪府立体育会館〉で行われるIWGPヘビー級選手権。

 

 

棚橋弘至(王者) vs ジェイ・ホワイト(挑戦者)

 

 

あの時と同じように歴史は繰り返されるのだろうか?

 

 

かつての勢いまでとはいかないが、今現在再び王者として玉座に座る棚橋弘至。

 

ジェイ・ホワイトが相手では、年齢的にも怪我の状況的にもレインメーカー“ショック”の再来を予感させる。

 

いよいよ次の時代の者へと席を明け渡す時が来たかと思ったが、昨年は過酷な〈G1〉を優勝し、さらには超人的なケニー・オメガを倒してしまい幾度となく奇跡を呼び続けた男。

 

負けるであろうと思いながらも、勝ってしまう驚きを生むのがプロレスの醍醐味!

 

しかし、今回この予想外に起きる展開は、あまり思いたくはないが驚きよりも落胆になりそうなのだ・・・

 

新しい景色が見てみたい!!!

 

でも、この男は何を起こすかわからない・・・

 

だったら過去の傾向ではどうであったのか?

 

レインメーカー“ショック”が起きた2012年までを調べてみました。

 

 

 

       〈場所〉〈王者〉 〈挑戦者〉

2019/2/11  大阪  棚橋弘至? ?ジェイ・ホワイト

 

2018/2/10  大阪  オカダ〇  ✖SANADA

 

2017/2/5  北海道  オカダ〇   ✖鈴木みのる

 

2016/2/11  大阪 オカダ〇   ✖後藤洋央紀

 

2015/2/11  大阪 棚橋弘至✖  〇AJスタイルズ

 

2014/2/11  大阪 オカダ〇   ✖後藤洋央紀

 

2013/2/10  広島 棚橋弘至〇  ✖カール・アンダーソン

 

2012/2/12  大阪 棚橋弘至✖  〇オカダ

 

 

王者の名前がオカダ・カズチカと棚橋弘至しかない、過去7年間のデータを見ると王者の

 

 

5勝2敗

 

 

と・・・王者が優勢ながらも、その内の2敗は棚橋弘至。

 

エースにとって、2月のIWGPのタイトルマッチは苦手意識のある鬼門の場所となっております。(よしっ!よしっ!)

 

 

恐らく歴史は繰り返される・・・

 

 

棚橋弘至ファンには申し訳ないですが、ここはどうかお譲りください・・・

 

じゃないと若手が育たないですよ・・・

 

しかし、そんな心配も必要ないであろうジェイ・ホワイト。

 

もし、今回ジェイ・ホワイトが新しい時代の扉を開いた場合、その立会人となっている外道さんの嗅覚を褒めたいと思う・・・