家康のプロレス人生

イエツァー基準で試合を★で評価するプロレスブログ!

【棚橋弘至による最高に長くて…最高に「イイ」エンディング | 新日本プロレス】

f:id:Ieyasu:20190322005804j:image

(出典:新日本プロレス公式)

 

年のNJC決勝戦と同じ日、同じカードとなったNJC2019準々決勝、棚橋弘至vsザック・セイバーJr.。家康の勝手な下馬評を覆し、棚橋弘至が見事リベンジを果たした形となりました。

 

 

年々悪化する膝の負担を減らす為、『ハイフライフロー』というハイリスクハイリターンのフィニッシュ技を一時的に封印した棚橋弘至。

 

 

『ハイフライフロー』

 

 

相手に大ダメージを与えフィニュシュにもなる技だが、裏を返せば当たらないと自分にそのダメージが返ってくる危険な技でもある。

 

 

しかもが生まれやすいのも特徴だ。

 

 

ジェイ・ホワイト戦では、そのを狙われIWGPの王者から陥落した。

 

 

そういうを狙うのが上手いザック・セイバーJr.

 

 

皮肉にも『ハイフライフロー』を封印した事によって、そのが生まれなかった事が今回の勝因に繋がったのかもしれない。

 

 

 

 

そのを無くして深さが増した棚橋弘至

 

 

ミラノ氏が解説で「エースは深い!」との言葉通り、押し引きが上手いザックより更に深い押し引きを魅せた棚橋弘至。

 

 

華やかなんだけど泥臭い

 

 

泥臭いんだけど華やかなプロレスがそこにはあった

 

 

圧倒的に不利と思われたこのピンチを棚橋弘至はチャンスに変えた。

 

 

人は・・・この人生というパズルのピースが上手くハマった時にこのような表情をするものだ。

  

 f:id:Ieyasu:20190322005727j:image

めっちゃ嬉しそう

 

 

これぞ、今のエースが求める理想の闘い方。

 

 

一昔前のプロレスなんだけど何故か新しい

 

  

日本文化が生んだ、日本人にしか出来ない…奥深さを感じる試合でした。

 

f:id:Ieyasu:20190322005836j:image

(出典:新日本プロレス公式)

 

試合後は久々に行われる棚橋弘至のエンディング。

 

 

最高に長いエースのエンディングなのですが、最高に「イイ」エンディングでもある。

 

 

最初、見たときは恥ずかしくて見ていれませんでしたが、だいぶ慣れてきました・・・

 

 

疲れていても疲れていなくても、必ず会場のお客様と時間を掛けて触れ合い退場する、昔も今も変わらないエースのスタイル。

 

 

初心を忘れない男、棚橋弘至。

 

 

うん、スゴい!

 

 

今の自分には真似できん!

 

f:id:Ieyasu:20190322005702j:image

(出典:新日本プロレス公式)

 

www.xn--n8ji5cue2e.com 

www.xn--n8ji5cue2e.com 

www.xn--n8ji5cue2e.com