家康ブログ

最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやくブログ!

第9話にして14.3%と高視聴率を獲得したグランメゾン東京の魅力


f:id:Ieyasu:20191218102412j:image

 

1つ星「近くに訪れたら行く価値のある優れた料理」

 

 

2つ星「遠回りしてでも訪れる価値のある素晴らしい料理」

 

 

3つ星「そのために旅行する価値のある卓越した料理」

 

 

・素材の質

・料理技術の高さ

・独創性

・価値に見合った価格

・常に安定した料理全体の一貫性

 

の5つのポイントで審査し、総合的に3つの星で評価するミシュランガイド。

 

3つ星を与えられた店は多くの客を集め、経営者やシェフはマスコミに取り上げられる。また、食品や食器の製造企業とのスポンサー契約なども見込める。

 

この3つ星をめぐる男の人生を描いたドラマ「グランメゾン東京」が、最終話を目前にして14.3%と高視聴率をマークしました。

 

 

1話 12.4%

2話 13.2%

3話 11.8%

4話 13.8%

5話 12.6%

6話 11.8%

7話 11.8%

8話 11.0%

9話 14.7

 

 

毎週欠かさず観ていますが、特にこの回は面白かった。

 

結局犯行は未遂に終わりましたが、栞奈(中村アン)が怪しいと分かっていながらも“あえて”問い詰めず彼女の良いところを引き出し、そして最後は屈服させる尾花(木村拓哉)には思わず“うなって”しまいました。

 

味方が裏切るのか?裏切らないのか?という何か戦国時代にあった相手を探る駆け引きのようなものは、日本人ならではの対応ではないでしょうか?

 

もう、ここまで来れば最終話は当然拝見するのですが、リアルタイムで全話観るドラマは何十年ぶりだろうか。

 

 

ここまで私を突き動かしたこのドラマの魅力は何であろうか?

 

 

やはり主演の木村拓哉の存在が大きいのだろうか?

 

 

勿論それはあるのだが、ちょっと自分の求めていたのとは違う。

 

 

一日中、考えてみたものの「これだ!」という決定打が見つからない・・・

 

 

ヒットやバントは沢山あるんですよ・・・

 

 

でも、ホームランっていう・・・

 

 

別にディスってる訳ではないのだが、これもまた人がハマる理由なのだろう。。。