家康のプロレス人生

イエツァー基準で試合を★で評価するプロレスブログ!

【鈴木みのるの「ゴッチ式お悩み相談所」が熱い件 | 新日本プロレス】

 木軍のボス…鈴木みのる。最近Twitterでの内容が月額324円でお金を取ってもいいレベルになっている気がします。

 

2017年に新日本プロレスに戻って来た時は、インタビュアーさんが困ってしまうほどだったので変わった人なのかなと思っておりましたが、2年経った今どうやらそれは間違いのようでした。

 

2月25日のTwitterでの内容が、今の今まで気にはなっていてずっと書こう書こうと思っておりましたが・・・カリスマの事ばかり頭に浮かぶので、つい後回しになっておりました・・・それがこちら。

 

 

 

 

 そして、昨日のTwitterを拝見しまして一気に書こうという気持ちが爆発した内容がこちら。

 

 

 

 

 脳に突き刺さるなぁ~

 

 

・他人の評価を気にしたり、他人と自分を比べたり、他人の目を気にしたり。

・結論「オレはオレ」。

・やるべき事に正面から向き合わなきゃ。

・さて、ハラヘッタな。。。

・夢を叶えたかったら「ダメ」「無理」「出来るわけがない」という大人の言葉は聞くな。

・一番大切なことは誰にも相談しないで自分で決めろ。自分で責任取れ。

・唯一聞くなら「夢を叶えた人」に聞け。

 

 

鈴木軍というユニットのボスであり、「パイルドライバー」というアパレル会社の社長でもある鈴木みのるだからこそ出てくる言葉。

 

原宿にショップがあり、結構いらっしゃるみたいなので機会があれば是非行って会ってみたいな・・・怖いけど・・・

 

 

他人と比べたり・・・

 

 

確かに若い頃はそうかもしれない。

 

 

今でもそう。理解はしているけど出来ない。

 

 

出来そうなんだけど出来ない領域。

 

 

散々あがいた結果、結論「オレはオレ」。

 

 

確かにこれでしょうもない悩みは解消される。ボスすごいよ…

 

 

「ウチはウチやから~」とはまた違った鈴木みのるだからこその重み。

 

 

自分が選んだ道の責任

 

 

それしかなかったんだから、そりゃ文句も出るよ!

 

 

そもそも何故「道」があるのだ?いっその事「道」なんか無くていい!「無」という世界へ・・・

 

と色々屁理屈を言いたいところですが、ボスに相談したら強烈なエルボーが飛んできそうなので、この辺でヤメときます・・・

 

 

やはりNJC決勝進出を懸け内藤哲也の前に現れるのは恐らく鈴木みのるであろう。

 

 

その時には、どちらも応援してしまうという複雑な心境で見つめる事となりそうだ。(好きな選手が多すぎるな・・・)