家康のプロレス人生

イエツァー基準で試合を★で評価するプロレスブログ!

11月の大阪・大阪府立体育会館での過去の傾向は・・・

私、色々勘違いをしておりました。 

 

10月の〈両国国技館〉後は〈東京ドーム〉ではなく、〈大阪府立体育会館〉を挟んでおりました。失礼致しました。

 

改めて見ると11月の〈大阪府立体育会館〉で行われるタイトルマッチは天国と地獄ですね。

 

1年間ベルトを守ってもここで負けると全てが水の泡。

 

そこで、過去に11月の〈大阪府立体育会館〉でベルトの移動があったのかどうか調べてみました。(メインのみ)

 

         チャンピオン  チャレンジャー

2017 5480人 IC 棚橋○ ×飯伏

2016 5050人 IC 内藤○ ×ジェイ・リーサル

2015 5128人 IC 中邑○ ×カール・アンダーソン

2014 7500人 IC 中邑○ ×柴田

2013  6400人  IWGP  オカダ○ ×カール・アンダーソン

2012 6600人 IWGP 棚橋○ ×高橋

2011 6000人 IWGP 棚橋○ ×矢野

2010(12/11) 6115人  IWGP   小島○ ×中邑

2009(両国)7500人 IWGP 中邑○ ×棚橋

2008 チャンピオンが武藤選手の為、行われず

2007(両国)6500人 IWGP 棚橋○ ×後藤

  

昔は6000人超えております。7500人収容していた年もあり少し驚きました。恐らくキャパオーバーでギューギューだったのかな…

  

そして、こうして見てみると

 

移動なし

  

これは偶然なのか?必然なのか?わかりませんが、となると11/3〈大阪・大阪府立体育会館 エディオンアリーナ大阪〉で行われる、恐らくメインであろう

 

インターコンチネンタル王座選手権

 

クリス・ジェリコ  vs   EVIL

 

 

結果が見えてきましたね~ 

 

ただ、そうなるとここでもEVILはダシに使われた感じがします。会社からのプッシュもあるでしょうけど…