家康のプロレス人生記

プロレスと戦国時代ファンが最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやく人生記!

エピソード② 猛牛と1対1 編

◆自由気ままに時を過ごした時代。

 

田舎での高校生活、所属していたのは『麻雀クラブ』という名ばかりの『帰宅部』に所属の私。中学時代の拘束された部活動から解放され、学校は好きだけど授業が嫌いで、いつも遊ぶことばかり考えていました。

 

◆バイトする事を決意。

 

しかし、小遣いが月1500円と一瞬で消えてしまう金額だった為、バイトを決意。それで初めてしたバイトが、そばを使った


f:id:Ieyasu:20181205203537j:image

 

『広島風お好み焼き屋』

 

 時給はなんと600円…(今の研修時給より遥かに安い…)

 

店内は《カウンター席》と、《自分で焼く事も出来る席》がある、薄暗い雰囲気のお好み焼き屋さんでした。

 

 

◆その時は突然やって来た。

 

バイトに慣れてきた頃、突然天山 広吉選手が一人で来店してきたのです。

 

当時はnWo全盛期

 

テレビで観てた天山 選手が目の前に現れ、私は緊張してフリーズ

 

◆カウンター席に座った天山 選手を相手にするはガチガチのバイト君。

 

開店したばかりだったので、店内は天山選手と私と社長の3人だけ。ガチガチの状況で必死に作ったのが、『広島風お好み焼き』と『納豆オムレツ』。

 

◆食べてくれましたね~天山 選手

 

印象はとても物静か。テレビで観る《猛牛》とは違い、大人な《猛牛》でした。

一人で来店されたからそうなんでしょうけど。小心者の私には、声もかけられず会話は出来ませんでした。でも有名人の方って、きっとそっとしておいて欲しいはず。あれでよかったし…あれしか出来なかった…

 

 

◆写真は店内に飾ったまま・・・

 

帰り際、プロレスラーと察した社長が、私の為に写真をお願いしてくれたお陰で、天山選手とのツーショット写真を撮ることが出来ました。見上げるほど大きい体だったのを覚えています。

 

しかし、いい思い出となるも数ヵ月後、その社長と喧嘩して飛び出したもんだから、店内に飾られた写真は今どうなっている事やら・・・

 

そんな事もあり今でも私は、あの日、優しく対応してくれた天山 選手を心から応援しております。

 

◆WORLD TAG LEAGUE 2018

 

優勝はもう厳しい状況ですけど、《IWGPタッグチャンピオン》のG.O.Dには勝っているので、残りの2試合で何とかアピールをし、東京ドームへの切符を掴んでほしいものです。


f:id:Ieyasu:20181205203555j:image

最後に・・・

だからこそ、この一戦はとてもが入った試合となりました。