家康のプロレス人生記

プロレスと戦国時代ファンが最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやく人生記!

2019.1.4東京ドームメインイベント。王者と権利証保持者の勝敗を家康の気持ちと過去の傾向から予想。

             王者 ケニー・オメガ vs 権利証保持者 棚橋弘至

              f:id:Ieyasu:20181220175244j:image

今か?昔か?PS4か?ファミコンか?『イデオロギー』対決として注目を集めるこの闘い。この流れの家康の予想はこちら

 

www.xn--n8ji5cue2e.com 

いったい勝つのはどちらか?そして、その先にはどんなドラマが待っているのか?

 

そんな事を考えているうちに一日が過ぎてしまいそうですが、とにもかくにも、まずどちらが勝つのか?

 

今回はそこを深く予想してみようと思います。

 

 

まず、真っ先に思いついたのが、

 

2017.1.4 東京ドーム

王者 オカダ・カズチカ vs 権利証保持者 ケニー・オメガ

 

大阪城ホールで、内藤哲也 選手からベルトを取り返したオカダ・カズチカ選手と〈G1〉史上初の外国人優勝を果たしたケニー・オメガ選手。

 

世界が称賛した2人の40分を超える死闘は、絶対王者がターミネーターをマットへ沈める結果に。

 

この時、家康はケニー選手の新たな時代が来るのを夢見ていましたが…夢叶わず。

 

そんな事を振り返りながら・・・

 

2018.1.4 東京ドーム 

王者 オカダ・カズチカ vs 権利証保持者 内藤哲也

 

明らかに内藤 選手に追い風が吹いていた前哨戦。肉体的にも精神的にも絶対王者を追いつめながらも、最後はレインメーカーに沈んだ内藤 選手。

 

この時も家康は、また内藤 選手の新たな時代が来るのを夢見ておりました…が、夢叶わず…

 

オカダ・カズチカという絶対王者のあまりの強さに、負ける所が見たくてしょうがなかった家康。

 

年末から年明けまで家康の気持ちを弄んだ新日本プロレス。期待をさせておきながら落とされる想いをしたのを、思い出したのです。

 

では今回も、また気持ちを落とされるのか?いやいや

 

ケニー・オメガ?棚橋弘至?う~ん…応援する気持ちは正直半々なのです。

 

権利証保持者が優勢と感じた過去2年と比べると、逆に今回は世間的、肉体的に王者が優勢な雰囲気だと思います。

 

しかし応援する気持ちが半々な為、家康の気持ちが落とされる事は少ないかもしれません。と・なり、

 

 

だったら過去1.4東京ドームメインイベントの結果はどうだったのだろうか?

 

    王者          権利証保持者

2013 棚橋弘至〇     ✖オカダ・カズチカ

2014 オカダ・カズチカ〇 ✖内藤哲也

2015 棚橋弘至〇     ✖オカダ・カズチカ

2016 オカダ・カズチカ〇 ✖棚橋弘至

2017 オカダ・カズチカ〇 ✖ケニー・オメガ

2018 オカダ・カズチカ〇 ✖内藤哲也

2019 ケニー・オメガ?  ?棚橋弘至 

参照 新日本プロレス公式サイト 

https://www.njpw.co.jp

 

2012年の〈G1〉優勝者のオカダ・カズチカ選手の、かつてのマネージャーであった外道選手の提案?から始まった東京ドームへの権利証。

 

ちょっと待ってよ・・・

 

誰も勝つ事が許されおりません…

 

という事は・・・

 

今まで権利証が移動した事がない!という流れもあり、普通にそのまま考えればケニー・オメガ選手が勝利するという事になりますね。

 

やはり新時代はこの男か、めでたしめでたしと言いたいところですが・・・

 

気になったのは今回のメインでオカダ・カズチカ選手の名前が絡んでいない事。

 

オカダ選手から始まった権利証の歴史。

 

今まで全てに名前を連ねながら今回は入っておりません。

 

という事は・・・この歴史はもう終止符が打たれたとも読み取れます。

 

怪我も重なりコンディションがあまりよくない棚橋弘至 選手。ベルトを巻いたところで新たなNEXTは正直、望めないのも事実。

 

しかし誰もが、

 

棚橋が勝つのは難しいだろう

 

と予想するところの逆を突いてくるのが、今の新日本プロレスではないでしょうか。