家康人生記

最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやく人生記!

【2019年8月3日(土)大阪府立体育会館 G1 CLIMAX 29 Aブロック 試合評価 | 新日本プロレス】

 

 

実況  村田晴郎さん

解説  ミラノコレクションA.T.さん

ゲスト 獣神サンダー・ライガー選手

観衆  5555人( 札止め )

 

 

 

第5試合 G1 CLIMAX 29 Aブロック公式戦

 

KENTA✖   〇ファレ

 

【7分20秒 邪道介入 ⇒ 丸め込み】  

 

KENTAは何も悪くなかった。あの体格差でまともに闘っていられるのに唸(うな)る一方だった。

 

 

KENTA✖   〇ファレ

唸唸唸唸    ★   

 

【総評★★★( 3.0 )】  

 

第6試合 G1 CLIMAX 29 Aブロック公式戦  

 

ザック〇    ✖アーチャー

 

【10分43秒 ブラックアウト切り返し ⇒ 丸め込み】

 

鈴木軍による同門対決だからといって遠慮は一切ないスピーディーな「肉」と「野菜」の闘い。

 

前哨戦のコメントでは、年間1億5千万もの家畜が殺されていること、何万人もの難民が命を落としていること、人間の記憶をクラウド上で保管することは自然の理に反するなど、意外と自分なりの哲学をしっかり持っている方なんだなと感じました。

 

では野菜しか食べない理由はいったい何なのであろうか?気になる…

 

 

ザック〇    ✖アーチャー

★        ★★★★  

唸唸唸唸唸    唸

  

【総評★★★☆( 3.9 )】 

 

    

第7試合 G1 CLIMAX 29 Aブロック公式戦   

 

オスプレイ✖  〇EVIL

 

【17分08秒 ラリアット ⇒ EVIL】

 

最初から最後まで実にスピーディーな「空王」と「闇王」の闘い。

 

オスプレイに触発されたのか、本来持っているスピードとパワーで圧倒したEVIL。相手に合わせず常にこのスピード感で闘ってくれたらいいのにな・・・

 

それにしても、お子様の声援が凄く飛び交っていたEVIL。

 

ヴィジュアル系が好きな女性ファンからの支持なら分かるのですが、どの辺がお子様から支持されるのでしょう?

 

ちょっと不思議に思いました・・・

 

 

オスプレイ✖  〇EVIL

★×8        ★★★★★★

★★★    ★★

唸唸        唸唸

   

【総評★★★★☆( 4.8 )】 

 

第8試合 G1 CLIMAX 29 Aブロック公式戦

 

棚橋弘至✖   〇飯伏幸太

 

【15分53秒 ハイキック ⇒ カミゴェ】

 

文句なしの人気と実力でエースの系譜を引き継いだ飯伏幸太。半年前には想像できなかった構図。そうか…次は飯伏幸太か。

 

そして、ここでエースが負けるか・・・

 

 

棚橋弘至✖  〇飯伏幸太

★        ★★★★ 

★★   ★★★★★

唸唸唸

  

【総評★★★★☆( 4.2 )】  

 

 

  

第9試合 G1 CLIMAX 29 Aブロック公式戦

 

オカダ・カズチカ✖   〇SANADA

 

【29分47秒 ホップアップ式TKO⇒ラウンディングボディプレス2発】

 

SANADAのプロレスに対する無償の愛が形となったエンディング。一年経って「~が一番好きです」と、スマホライト点灯という最高のエンディングを手にし、あとは個人の称号だけ。 

 

世の中想像できることが現実となり、想像できなかったことも現実となる世の中。

 

来年の今頃SANADAは、いったいどうなっていることでしょう。

 

 

オカダ・カズチカ✖  〇SANADA

★            ★★★★

★★       ★★★

唸唸唸唸         唸唸

             鳥鳥鳥鳥

  

【総評★★★★★( 5.0 )】  

 

 

Aブロック

 

オカダ・カズチカ 6勝1敗 12点 

飯伏幸太     5勝2敗 10点 

棚橋弘至        4勝3敗 8点 

KENTA          4勝3敗 8点 

EVIL         4勝3敗 8点 

SANADA         3勝4敗 6点 

ザック           3勝4敗 6点 

オスプレイ    2勝5敗 4点 

ファレ         2勝5敗 4点 

アーチャー    2勝5敗 4点 

 

最後に・・・ 

  

左足首を負傷しながらも、それを感じさせない飯伏幸太。しかし、そこを攻める棚橋弘至。

 

相手の弱点を攻めることはプロレスのセオリーとよく言われることで、

 

その様子を見た実況の村田晴朗さんが、

 

 

「今、棚橋は飯伏の痛めている足首を攻めていますねライガーさん」

 

 

と世界のレジェンドに振るのだが・・・

 

 

「いや、足首と言うか膝ですね」

 

 

と真っ向から否定する世界のレジェンド・・・

 

しばらく、この押し問答が続き試合そっちのけで放送席の「静かなる冷戦」が気になって仕方がない家康。

 

足首でえぇやん…

 

   

        

www.xn--n8ji5cue2e.com

 

www.xn--n8ji5cue2e.com

 

www.xn--n8ji5cue2e.com