家康人生記

最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやく人生記!

【2019年8月8日(木)神奈川・横浜文化体育館 G1 CLIMAX 29 Bブロック 試合評価 | 新日本プロレス】

 

 

実況  村田晴郎さん

解説  ミラノコレクションA.T.さん

ゲスト 獣神サンダー・ライガー選手

観衆  4983人( 札止め )

 

 

 

第5試合 G1 CLIMAX 29 Bブロック公式戦

 

矢野通〇   ✖タイチ

 

【5分04秒 634 ⇒ 金丸義信とタイチをグルグル巻き ⇒ リングアウト】  

 

矢野通の「早くしろ!」コールと「遅いんだよ!」コールから始まり、最後は本当にこれでいいんだろうか・・・と思うグルグル巻きからのリングアウト。

 

観光大使だけではなく、G1での立ち位置が光った矢野通の働き。

 

来年も是非エントリーしていただきたいものです(笑)

 

 

 

矢野通〇  ✖タイチ          

笑笑笑笑 

 

【総評★★★★( 4.0 )】  

 

第6試合 G1 CLIMAX 29 Bブロック公式戦  

 

ジェフ・コブ✖    〇内藤哲也

 

【12分47秒 切り返しデスティーノ ⇒ 正調デスティーノ】

 

鷹木信悟の次に楽しみな相手と話す内藤哲也。

 

昔はパワーファイターを相手にするのは苦手だと話していますが、今は本当に相手の良いところを引き出すのが上手い。

 

コブの圧倒的パワーをファンに知らしめながら、それを上回るテクニックで勝利する内藤哲也。

 

負ければもう後がない状況も相まって、ゴブ戦で一番白熱した試合でございました。

 

  

ジェフ・コブ✖  〇内藤哲也

★★         ★★ 

★★★    ★

唸唸唸唸       笑

            

【総評★★★★☆( 4.5 )】 

 

    

第7試合 G1 CLIMAX 29 Bブロック公式戦   

 

後藤洋央紀〇  ✖ジョン・モクスリー

 

【8分38秒 牛殺し式GTRⅡ】

 

そうそう、最近の牛殺し式GTRを見た時、何か違和感があるな・・と感じていたのですが、たぶんこれが最初に繰り出した牛殺し式GTRのはず…

 

もう一つのバージョンを大事なモクスリー戦まで取っておき、なんだかんだで最終戦まで絡んできた後藤洋央紀。

 

モクスリーと内藤が並んだときのキーマンとなる男は、どんな働きを見せるのかな?

 

 

後藤洋央紀〇  ✖ジョン・モクスリー

★          ★★★★ 

★★    

   

【総評★★★☆( 3.7 )】 

 

第8試合 G1 CLIMAX 29 Bブロック公式戦

 

ジュース✖   〇ジェイ・ホワイト

 

【23分01秒 JTO】

 

介入や反則がなければ良い試合となったジェイ戦での敗戦で、負け越しが決まってしまったジュース・ロビンソンですが、最初からロックオンしていたジョン・モクスリーからの勝利は間違いないでしょう。

 

それによって内藤哲也の決勝進出の可能性がグッと高まるのですが、前哨戦で負傷した左足の状態が気掛かり。

 

Bブロックは何人かを応援しなければいけませんね…

 

 

ジュース✖   〇ジェイ・ホワイト 

★★★★     ★★★★ 

        ★★★★

         唸唸唸唸唸唸 

 

【総評★★★☆( 3.8 )】  

 

 

  

第9試合 G1 CLIMAX 29 Bブロック公式戦

 

石井智宏✖   〇鷹木信悟

 

【22分41秒 パンピングボンバー ⇒ ラスト・オブ・ザ・ドラゴン】

 

最後、パンピングボンバーを何とか返そうとする石井智宏でしたが、鷹木信悟のスピードが想像していたより速かったのか、意外な表情のまま、まともに受ける石井智宏が印象的でした。

 

最終戦に残って並んだとしても直接対決での負けが多い石井智宏は振り落とされるので、それだったら鷹木信悟に勝利を捧げた方が、今後の展開的に生きると踏んだのか。

 

これは、読めない展開でしたねぇ。

 

 

 

石井智宏✖   〇鷹木信悟

★★★★       ★★★★★★ 

        ★

         唸唸唸

  

【総評★★★★( 4.0 )】  

 

Bブロック

 

モクスリー    5勝3敗 10点  ジュース

内藤哲也     5勝3敗 10点  ジェイ

ジェイ・ホワイト 5勝3敗 10点  内藤

後藤洋央紀    5勝3敗 10点  鷹木

石井智宏     4勝4敗 8点   タイチ

矢野通      4勝4敗 8点   コブ 

ジェフ・コブ   3勝5敗 6点   矢野

ジュース     3勝5敗 6点   狂犬

タイチ      3勝5敗 6点   石井

鷹木信悟     3勝5敗 6点   後藤

 

 

最後に・・・ 

 

愛知で内藤哲也がモクスリーに負けた段階で、

 

もう夏は終わった…

 

と思っていたら、あれよあれよの展開となったBブロック。(これ本当?)

 

まぁ良かったんですけど…

 

これで、去年から待ち望んでいた内藤哲也とジェイ・ホワイトの禁断の扉がより一層面白くなりそうです。

 

今日の前哨戦での二人の遭遇はハラハラもの!

 

新日本プロレスが唯一残しておいた禁断のカード。

 

決勝戦を超える闘いになることを期待します。

 

この流れで行くと内藤哲也か?ジェイ・ホワイトか?となりそうですが、ケニー・オメガに席を譲った時のようにならなればいいですが・・・

 

あぁ本当に楽しみで仕方がない。

 

 

   

        

www.xn--n8ji5cue2e.com

  

www.xn--n8ji5cue2e.com

  

www.xn--n8ji5cue2e.com