家康人生記

最近のニュースやトレンド、身近な出来事を独自の視点でつぶやく人生記!

【SANADAに鳥肌が立った4つの瞬間 2019年8月3日(土)大阪府立体育会館 | 新日本プロレス】

EVILが、G1クライマックス6連勝のオカダ・カズチカを止めたのが2017年8月5日(土)大阪府立体育会館。

 

その2年後と全く同じ場所、同じ状況のオカダ・カズチカ(6連勝中)にストップをかけたSANADA。

 

 

しかし、ここまで2勝4敗と決勝への望みが無い中でのオカダ・カズチカ戦は、ファンにとってもSANADA本人にとっても非常にモチベーションを保つのが厳しい試合だったと思います。

 

前哨戦で大きな態度に出るオカダ・カズチカとは対照的に消極的なSANADA。

 

その関係性が物語るように、試合は25分が経過するまでは・・・

 

 

正直しんどかった・・・

 

 

起き上がりのレインメーカーがSANADAにヒット。

 

そして、その手を離さないオカダ・カズチカ。

 

この必勝パターンが決まった時点で、落胆の声が漏れる家康。

 

 

もう…この光景を何度と見ただろうか・・・

 

 

SANADAは ここまで対オカダ・カズチカ戦、6連敗中と何度も負けを重ねてきた…

 

今夜も同じことだろうと誰もが想像したことでしょう。

 

しかし・・・

 

   

 

そんなことを想像しない男が一人・・・

 

 

それまでの25分間は ほとんど記憶にございませんが、最後の5分間はそれをひっくり返すほどのSANADA劇場でした。

 

その5分間の中で鳥肌が4回立った瞬間がこちら。

 

 

①ラウンディングボディプレスを仕掛けるシーン(失敗)

 

②ホップアップ式TKOが決まった瞬間

 

③ラウンディングボディプレス2発を仕掛けるシーン(成功)

 

④幻想的な空間を作ったエンディング

 

 

あまり会場で観戦したいと思うタイプではありませんが、一生に一度は感じたい空間かなと思いました。

 

 

ギフトをありがとう!

 

 

   

 

www.xn--n8ji5cue2e.com

 

www.xn--n8ji5cue2e.com

 

www.xn--n8ji5cue2e.com