家康のプロレス人生

イエツァー基準で試合を★で評価するプロレスブログ!

ファンタスティカ・マニア感動の最終日〈1/21〉東京・後楽園ホール

f:id:Ieyasu:20190121222236j:image

出典 新日本プロレス公式 

実況  三上大樹さん

    田畑祐一さん

    大西洋平さん

    野上慎平さん

解説  ミラノコレクションA.T.さん

    元井美貴さん

観衆  1582人(札止め)

 

第1試合

アウダス   テンプラリオ

★★

フライヤー カベルナリオ

★      ★

9分35秒 カベルナリア

 

第1試合から家康イチオシのアウダスが登場するとは何とも贅沢な大会。人気のカベルナリオも登場し会場を温める。この日は出なかったが来年は『ピロピロ』を封印してください。

 

総評★★☆(2.5)

 

第2試合

アトランティスJr.〇 ✖OKUMURA

7分39秒 アトランティーダ

 

まさかのOKUMURA選手の敗北。意外や意外。しかし、これは子供相手にテレビゲームで大人げない姿を見せなかったOKUMURA選手の勝ちです。大人の対応という事です。

 

総評★★☆(2.5)

 

第3試合

風神    鷹木信悟

雷神    BUSHI

ヘナーレ  内藤哲也

小島聡   テリブレ

12分15秒 ノーコンテスト

f:id:Ieyasu:20190121222302j:image

出典 新日本プロレス公式 

風神雷神 お菓子とかお餅とかを期待していたミラノさんをよそに、素顔のままで入場してきたSHO&YOH。しかし、マスクマンとしてベルトに挑戦するからこそ権利の可能性が高まるのに、前日マスクを剥がされたからといってマスクを脱いだのには残念。色々二人で話し合ったんでしょうけど、素顔のままでは挑戦権利はほぼ無いに等しいでしょう。もし素顔のままで挑戦出来たらとんでもないブーイングが起きそうですが・・・

 

タイチ 日本一マナーの悪いクソハポンファンの家康も、この日はタイチを褒めるしかないでしょう。10時間たっぷり寝たというヘナーレが、相変わらず空回りなまま敗北を喫しようとしていたタイミングでのタイチの暴挙。なんとなくボーっと観戦していた家康を起こしたタイチ。そうそう、こういうのが欲しかった。要するに、これがカリスマの言うプラスαなのでしょう。それにしてもタイチの親分感、半端なかったですね。

 

総評★★★(3.0)

鳥肌★(タイチ軍) 

 

 

 

第4試合

アンヘル     フォラステロ

★★

ティタン    クアトレロ

アトランティス  サンソン

14分28秒 クアトレロボム

 

ルード一族であるフォラステロ、クアトレロ、サンソンの3人が揃って試合をする事は非常に貴重みたいですが、この一族だけは唯一シリーズを通して、名前と顔が一致しなかった。入場時、思わず「出た・・・」と漏らす家康。

f:id:Ieyasu:20190121235147j:image

出典 新日本プロレス公式

 

総評★★★(3.0)

 

第5試合

ソベラーノJr.  ナマハゲ

ドラゴン・リー  グラン・ゲレーロ

ミスティコ   ウルティモ・ゲレーロ

★★       ★★ 笑い★★★

13分25秒 ゲレーロスペシャル

f:id:Ieyasu:20190121220126j:image

出典 新日本プロレス公式

 

ウルティモ・ゲレーロ ヤバいよ親分。マスク姿がアップになっただけで笑っちゃう。そして、歓声にいちいち反応するとこも可愛い。歓声を求めてわざと帰るお決まりのやつで、敢えてシーンってなったらどうなるんだろうwww 一人で十分面白い存在感。それでも試合が始まると一切おふざけ無しのエグイ攻撃を!コーナートップは親分のテリトリー。初めて見る『ゲレーロスペシャル』には驚愕・・・もうこんな姿がしばらく見れなんて…もっと早く知りたかったよ親分。アディオス!

 

総評★★★(3.0)

 

第6試合 

映画『パパはわるものチャンピオン』スペシャルタッグマッチ

スイート・ゴリラ・丸山  ギンバエマスク 

              笑い★(手品)

ドラゴン・ジョージ    ゴキブリマスク

13分05秒 ドラゴンメーカー


f:id:Ieyasu:20190121222320j:image
出典 新日本プロレス公式

元井美貴さんが5回泣いたという『ぱぱわる』。家康も劇場で拝見し、確かに5回泣ける内容でしたが・・・

 

www.xn--n8ji5cue2e.com

 

 映画の世界から、現実の世界へ飛び出した選手たちに会場も家康も興奮。会場からはゴキブリマスクへのブーイングが飛び交いしっかり空気を読むお客様。そして技能賞のノミネートが確実視されるギンバエマスクの手品に会場は最高潮。しかし、ベストバウト級を期待しすぎたせいか想像していたよりは・・・でも、この日を迎えるまでのワクワク感は十分味わえたスペシャルタッグマッチでした。

ドラゴン・ジョージちょっと太ったね…

 

総評★★★(3.0)

 

第7試合 

スペシャルシングルマッチ

ボラドールJr.〇  ✖カリスティコ

★★★★      ★★

17分55秒 スパニッシュフライ


f:id:Ieyasu:20190121222338j:image
出典 新日本プロレス公式

テクニコvsテクニコの大取の試合。メキシコCMLLでは3本勝負なのに対し、新日本では1本勝負。慣れないルールのせいか最初から全力で飛ばしていた両者は、後半バテバテ・・・メチャクチャ走っていましたからね・・・ラ・ミスティカが繰り出されたときは「あ~あ」ってなっちゃいましたが、そこはこらえるスペル・エストレージャのボラドールJr.。メキシコCMLLの頂点に立つ男は、新日本でも頂点に立つ結果に。

 

総評★★★(3.0)

 

まとめ

・最後はテクニコもルードもノーサイド。選手全員が揃ってのカーテンコール。これだけのスターが一度に集まると鳥肌ものです。テリブレの姿はさすがに見えませんでしたが、ナマハゲがしっかり登場していたのにはジーン。

 

・来年はファンタスティカ・マニア10周年という事になります。という事は来年は物凄いメンバーを引っ提げて来日してくる可能性があります。いや~来年が楽しみでしょうがない!